girl wearing green underwear lying on the floor, holding her coat

高価なお酒に挑戦する

sexy girl stroking her hair is seeing

マッタリ無理せず飲めるのが昼キャバのメリットですが、そこをあえて背伸びしてみるのも男としてはロックな生き方ではないかと思います。ギターを弾かなくたって男はロックな生き方を示す事ができますので、昼キャバでは高額なお酒を頼んでみる事をオススメしておきます。単純に昼キャバ嬢もお店も喜んでくれますし、ちょっと無理めな背伸びをする経験は男にとって大事な通過儀礼のひとつですからね。特に普段お酒を飲まない人間があえて無理して高級酒を頼んだりするというのは、あわよくば昼キャバ嬢の母性本能にスイッチを入れる可能性もありますので、試してみる価値はあると思います。「私のために無理して飲めない高い酒を頼むなんて…優しくてワンパク盛りな男…」とロマンスが生まれる確率はゼロではありませんからね。色々と書いてしまいましたが、単純に知らないお酒を飲んで楽しむきっかけとしても昼キャバを利用するのは面白いと思いますよ。なかなか一人では飲む機会の無いようなレミーマルタンだの、フランスの呪文みたいなお酒なんかはこういう機会でも無ければ目にする事は無いでしょう。しかもあわよくば昼キャバ嬢を胸キュンさせる事にもつながりますので、ロックな生き方のひとつとして是非検討してみて下さい。お酒を無理に飲みまくらなくても成立するのが昼キャバの魅力ではありますが、そこをあえて飲むのが男道です。昼キャバ嬢を喜ばしつつ、お酒に詳しくなれる人生修行の場としても昼キャバは利用していって下さい。