girl wearing green underwear lying on the floor, holding her coat

優雅なお客さんが粋

sexy girl have big chest is wearing pink bra

昼キャバもマッタリしているとはいえ水商売の世界ですので、昼キャバ嬢を口説こうと前のめりになりがちな男性客は珍しくないと思います。ですが古今東西、人間社会ではガッツいて鼻息荒くしている男性よりも、スマートで余裕のある紳士がモテやすいというのが定石となっていますので、昼キャバだからと油断せずに紳士的な振る舞いを心がけるようにしていきましょうね。結果ばかりが頭によぎるとついつい余裕を無くしてしまいがちですが、露骨に「お前を抱きたい」オーラを全開にしていると殆ど失敗してしまう事を肝に銘じておきましょう。昼キャバに限った話ではありませんが、よほど特殊な女性で無い限り、男性に対して求める要素というのはまず「自分に危害のあるやつかどうか」です。いくらイケメンでお金持ちでも、明らかに欲望丸出しでモラルの欠落している人間性であっては昼キャバ嬢も逃げますので、ガツガツしたい気持はグッと抑え込み、できる限り紳士的で余裕のある態度で昼キャバ嬢と接するのが地道で合理的なやり方だと言えるでしょう。昼キャバ嬢もプロですのでお金を払えば最低限のチヤホヤはやってくれますが、不愉快な客ではお金以上のチヤホヤは望めません。でも昼キャバ嬢から観て魅力的で好感の持てるジェントルであれば、料金以上のチヤホヤとサービスを間違いなくしてくれますので、頑張って男磨きに励んでいきましょう。キャバクラ店だからと言え、「女に与えてもらうのではなく与えてあげる」心意気を持つくらいが結果的に得をしますので、しっかりと女性の扱いを勉強しておく事をオススメします。